からからせんべい
 


山形県の庄内名物「からからせんべい」は先人の知恵による郷土性豊かな夢のある楽しいお菓子です。当地に昔からあった駄菓子で、おせんべいの中におもしろい玩具が入っています。
 

現在の山形県鶴岡市は、その昔庄内藩・酒井家が統治していました。酒井家のお殿様はたいへん甘いものが好きで、庄内地方では、数多くの駄菓子が作られていたということです。

その鶴岡市で人気があるお菓子が、からからせんべいです。ちいさな三角形の形でかわいく織り込まれたおせんべいえす。そのおせんべいを割ると中から和紙に包まれた小さな小さなかわいいおもちゃがでてきます。
工芸品といわれる昔ながらのおもちゃがひとつづつのおせんべいの中に入っています。

おせんべいは小麦粉と沖縄黒糖を使った生地を厚めに焼いたものを三角形の形に折りたたんだものです。